人生100年時代をサポートするFP事務所

株式会社エフ・ポート

投資助言業 四国財務局長(金商)第24号

香川県高松市太田下町2343番地5

受付時間:9時〜18時 土曜日: 9時~14時 
まずはお問い合わせください
 

相談受付中

お気軽にお問合せください

株式市況アナライズ(Day)

株式市況アナライズ(Day)

   平成30年8月14日

日経平均株価  22,356円08銭(△498.65円)

TOPIX      1,710.95 (△27.45)

 日経平均株価は大幅反発となった。上げ幅は今年3番目の大きさとなった。トルコリラ安が一服、前日までの4営業日でトータル805円安となっていた反動から195円高でスタートした。午後からは円高が1ドル=110円台後半に落ち着いたこともあり買いが優勢となった。1日で昨日の下げすべて取り消したことになる。              

 東証1部の出来高は12億0624万株、売買代金は2兆0633億円。値上がり銘柄数は1795銘柄、値下がり銘柄は264銘柄、変わらずは45銘柄。

 日経平均株価の日足は「中陽線」。昨日とは一転、一目均衡表の雲の上限(2万2256円67銭=14日)を突破した。また、5日移動平均線(2万2350円86銭=同)を回復、前日空けたマドも埋めた。上昇した場合、25日移動平均線(2万2499円89銭=同)が抵抗として働き、戻り圧力が強まると考えられる。今日の足は大きく上昇する陽線となったが、前日の足との組み合わせでは酒田五法で「下放れタスキ」となり、暴落の前兆となる。まだ底を打ったとは言えないだろう。                                (17時08分)

 



※このページの記事に関しては個人的な意見を含んで書かれているため、その正確性や確実性を保証するものではありません。また、将来を保証するものではありません。投資に関する判断はご自身でお願い致します。本ページの更新は「毎日」としたいところでありますが、諸事情により不定期とさせていただきます。