家計とお金のセカンド・オピニオンとして貢献します

株式会社エフ・ポート

四国財務局長(金商)第24号

香川県高松市林町2535-14 丸忠第10ビル

受付時間:9時〜18時  土曜日: 9時~14時  予約は時間外も可能です
休業日:日曜日・祝祭日

相談受付中

お気軽にお問合せください

今日の株式市況アナライズ

今日の株式市況アナライズ(マーケット情報)

平成30年2月23日

日経平均株価  21,892.78円(△156.34円)

TOPIX      1,760.53 (△14.36)

 日経平均株価は反発。米国市場が3日ぶりに反発した流れを受けて、前日比53円高でスタートした。長期金利低下により投資家の心理改善されたようだ。午前中はモヤモヤとした展開だったが、午後に円高が一服すると上げ幅を広げ一時2万1903円93銭(前日比166円95銭高)まで上昇した。引け方としては来週に期待が広がる終わりだった。

東証1部の売買代金は2兆2514億円、出来高は11億9800万株。今日も売買代金は低い状況となっている。値上がり銘柄数は1562銘柄、値下がりは455銘柄、変わらずが50銘柄となった。

 VIX指数は18.72まで下がり、日経VI値も22.08と2.93下落した。長期金利上昇懸念が続く中、少しは落ち着きを取り戻したと思われる。しかし、安心はできない状況は続く。来週、米国で多くに経済指数の発表が予定されているし、28日にはパウエルFRB議長の議会証言も予定されている。これを受けてVIX指数がどう動くかが注目される。テクニカル的には5日移動平均線(2万1934円87銭)を上抜けできなかったことは気になるが、徐々に好転されてきているのは確かだろう。                              (17時30分)



※このページの記事に関しては個人的な意見を含んで書かれているため、その正確性や確実性を保証するものではありません。また、将来を保証するものではありません。投資に関する判断はご自身でお願い致します。本ページの更新は「毎日」としたいところでありますが、諸事情により不定期とさせていただきます。