人生100年時代をサポートするFP事務所

株式会社エフ・ポート

投資助言業 四国財務局長(金商)第24号

香川県高松市太田下町2343番地5

受付時間:9時〜18時 土曜日: 9時~14時 
日曜日・祝日は事前の予約となります。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

相談受付中

お気軽にお問合せください

今日の株式市況(毎日更新)

今日の株式市況

          平成31年2月15日

日経平均株価  20,900円63銭(▼239.08円)

TOPIX      1,577.29 (▼12.52)

 日経平均株価は大幅反落、再び2万1000円割れとなった。米12月小売売上高が9年ぶりに大幅に減少したことを受けてNYダウが下落、円高・ドル安に動いたこともあり下落してスタートした。また、トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設について「非常事態宣言」に踏み切る方針との報が伝わったこともあり日経平均株価は2万853円33銭(前日比286円38銭安)まで下落した。上海株の下落もあり、常時安値圏での値動きとなった。週末なことや14~15日の米中貿易協議の行方を見極めようと手控えムードが強くなった。

 東証1部の出来高は12億7782万株、売買代金は2兆2326億円。値上がり銘柄数は726銘柄、値下がり銘柄は1311銘柄、変わらずは92銘柄。

 日経平均株価は「小陰線」。12~13日に空けたマド(2万885円88銭~2万992円88銭)を埋める動きとなった。今日は5日移動平均線(2万876円43銭=15日)が下値サポートとして働いた。再度2万1000円を割り込んだことで頭の重い展開が予想される。目先は75日移動平均線(2万1163円83銭=同)が上値抵抗線として意識されるが、明確にこのラインを抜けなければもみ合い入りとなる可能性が出てくる。                  (17時18分)



※このページの記事に関しては個人的な意見を含んで書かれているため、その正確性や確実性を保証するものではありません。また、将来を保証するものではありません。投資に関する判断はご自身でお願い致します。本ページの更新は「毎日」としたいところでありますが、諸事情により不定期とさせていただきます。