人生100年時代をサポートするFP事務所

株式会社エフ・ポート

投資助言業 四国財務局長(金商)第24号

香川県高松市太田下町2343番地5

受付時間:9時〜19時 土曜日: 9時~14時 
日曜日・祝日は事前の予約となります。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

相談受付中

お気軽にお問合せください

今日の株式市況(毎日更新)

今日の株式市況

         令和元年5月24日

日経平均株価  21,117円22銭(▼33.92円)

TOPIX      1,541.21 (△0.63)

 日経平均株価は小幅続落となった。世界経済悪化懸念から米株安や円高・ドル安を受けて日経平均株価は売り優勢で始まった。寄り直後に2万922円00銭と2万1000割れ水準まで下落。その後は米株価指数先物高や上海高で持ち直す場面も見られたが、上値の重い展開となった。後場に入り、円高が一服したことをきっかけに値を戻し、引けにかけて株価指数先物の買いや日銀のETF買い観測で上昇。結果、2万1000円を回復し前日比小幅安で引けた。英国のEU離脱問題(メイ首相辞任)も株価を圧迫する要因として働いたようだ。

 東証1部の出来高は12億4671万株、売買代金は2兆1284億円。値上がり銘柄数は1180銘柄、値下がり銘柄は867銘柄、変わらずは94銘柄。

 日経平均株価は「小陽線」。一目均衡表の雲(2万1107円93銭~2万1545円93銭)を下抜けて始まったが、引けにかけて何とか維持した。一方で昨日割り込んだ5日移動平均線(2万1225円18銭=24日)が抵抗として意識され始めている。同線が下向きとなった点も気になる。下値メドとされる5月14日の安値2万751円45銭を割れずに踏みとどまれば、目先の底として意識される展開となりそうだ                      (16時02分)



※このページの記事に関しては個人的な意見を含んで書かれているため、その正確性や確実性を保証するものではありません。また、将来を保証するものではありません。投資に関する判断はご自身でお願い致します。本ページの更新は「毎日」としたいところですが、出張や面談などの諸事情により不定期とさせていただきます。