人生100年時代をサポートするFP事務所

株式会社エフ・ポート

投資助言業 四国財務局長(金商)第24号

香川県高松市太田下町2343番地5

受付時間:9時〜18時 土曜日: 9時~14時 
日曜日・祝日は事前の予約となります。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

相談受付中

お気軽にお問合せください

今日の株式市況(毎日更新)

今日の株式市況

   平成30年10月22日

日経平均株価  22,614円82銭(△82.74円)

TOPIX      1,695.31 (△2.46)

 日経平均株価は3日ぶりの反発となった。米市場でハイテク関連が売られたことから、朝方は売りが先行した。一時は260円49銭安の2万2271円59銭まで下押される場面もあった。一巡後は下げ渋った。上海市場が開き、4%以上の上昇を好感し日経平均株価も上昇。後場寄りにはプラス圏まで値を戻した。日銀によるETF買いの期待もあり、140円17銭高の2万2672円17銭まで上昇した。トランプ米大統領は米国が旧ソ連との間で結んだ中距離核戦略(INF)廃棄条約からの離脱を発表した。新たな地政学リスクの台頭となるが、市場では徐々に織り込まれつつあるとの事。今後の進展によっては株価に影響を与える可能性がある。

 東証1部の出来高は11億3506万株、売買代金は2兆1009億円。値上がり銘柄数は1216銘柄、値下がり銘柄は792銘柄、変わらずは100銘柄。

 日経平均株価は「中陽線」。今日も200日移動平均線(2万2498円26銭=22日)を割り込む場面があったが、終値では上回った。同様に一目均衡表の雲の下限(2万2247円56銭=同)で下げ止まったようだ。先週末に空けたマド(2万2551円67銭~2万2637円29銭)も1日で埋めた格好となり、相場の強さも見られる。上昇局面では5日移動平均線(2万2639円08銭=同)が上値を抑えたようだ。再度この線を試す動きとなると思われるが、抜けた場合に2万3000円付近での戻り圧力も強いと想定される。                  (18時15分)

 



※このページの記事に関しては個人的な意見を含んで書かれているため、その正確性や確実性を保証するものではありません。また、将来を保証するものではありません。投資に関する判断はご自身でお願い致します。本ページの更新は「毎日」としたいところでありますが、諸事情により不定期とさせていただきます。