人生100年時代をサポートするFP事務所

株式会社エフ・ポート

投資助言業 四国財務局長(金商)第24号

香川県高松市太田下町2343番地5

受付時間:9時〜18時 土曜日: 9時~14時 
まずはお問い合わせください
 

相談受付中

お気軽にお問合せください

代表者ごあいさつ

代表者ごあいさつ

山口 雅史

資格

・AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)

・2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

・個人型DC(iDeCo)プランナー(金融財政事情研究会認定)

・相続診断士(一般社団法人相続診断協会認定)

・貸金業取扱者主任者資格

経歴

1967年9月 北海道札幌市生まれ
1990年3月 北海学園大学法学部卒
 

大学卒業後、証券・商品と金融マーケット業界に約17年間従事。その後、生命保険会社、保険乗合代理店に勤務し、ファンド業界へ転身。今日に至る。

趣味

釣り(2級船舶免許保有)

音楽鑑賞・演奏(ヘビメタに限る)

所属

日本ファイナンシャル・プランナー協会

四国相続診断士会

座右の銘

履道応乾

ごあいさつ

 インターネットやSNSの普及により、日々様々な情報が氾濫しています。そんな中、「食・グルメ」に関する情報は常にアクセス、人気ランキングの上位にあります。人は食べずには生きられません。また、食を通じて幸福感、味わったことのない味を求める探求心、他人よりも良いものを食べたという虚栄心など様々な感情が人を食へと向かわせます。

 社会では「お金」がなくても生きていけません、これもまた事実です。しかし、お金に関する関心や興味は決して高くありません。そこで、「お金」を食材と思ってみてはどうでしょうか。魚、肉や野菜のように・・・。お金も食べ方(使い方)によって美味しくも、時には不味くもなってしまいます。また、食は調理する人によっても変わります。「風邪をひいて寝込んでいる時に大切な人が作ってくれたお粥」や「子供の頃に両親が作ってくれたご飯」は高級店で食べるどんなメニューよりおいしいはずです。そこには、愛情というスパイスが入っているからに外なりません。

 日本では昔から「悪銭、身につかず」の諺があり、あからさまな投資に対しては後ろ指を指すような風潮があります。お金も形を変え、人の血や肉、そして知となります。が、お金は調理の仕方を間違うと損をしたり、時には生活そのものを脅かす存在になりかねません。文字通り「身につかず」です。先進国と揶揄される国の中で、子供に金融やお金に関する教育をカリキュラムに盛り込んで行っていない国は日本くらいと言われています。

『株式会社エフ・ポート』はお金という食材を情報というスパイスで味付けし、お客様の状況やニーズに応じたレシピで調理を手伝う新たな集団を目指しています。すべてはお客様の「幸せと満足」のために・・・。